baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

All or Nothing ~マンチェスター・シティの進化~

年始の休みの暇な時間に、何か面白いドラマか映画ないかな~とプライムビデオを探していたところ、オリジナルの人気企画『All or Nothing』にサッカーが追加されているのを発見!このシリーズは第1作目『アリゾナ・カーディナルスの挑戦』を見て何だコレ凄い!と興奮したのを覚えています。ストーリーとしてはいずれもスポーツチームを1シーズン密着したドキュメンタリー(第1作とこれしか見てないのですが多分他もそうだと思います)。内容は非常に濃いですが、全8話なのでボリュームもちょうどいいんですよね。今回も大変面白く、あっという間に見終えてしまいました。

f:id:baseballlll:20190116232755j:image

第2作がLAラムズ、他にカウボーイズ、カレッジフットボールだったので、アメフトばっかりなのかと思っていたら4大スポーツをすっ飛ばしてサッカー、しかもMLSではなくプレミア。今はオールブラックスのものも作られており、そろそろMLBが来るんじゃないかと期待しています。(勝手な思い込みですが、アメリカ人ってラグビー全然興味なさそう・・・よくチャレンジしたなあと思います。)

私はサッカーも好きで、最近こそほとんど見ていませんが、香川真司選手がマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた頃くらいまではよく深夜まで試合を見ていました。


今回の主役であるマンチェスター・シティは、今でこそビッグクラブと呼べますが、ほんの10年余り前まではマンチェスターの弱い方なんてずっと言われていて、90年代は半分くらいプレミアにすら昇格できず、00年代もほとんど下位~降格圏付近をうろつくようなビッグクラブとは到底言えないチームでした。2008年頃にアブダビの王族がオーナーとなり、エティハド航空がスポンサーになったりして超絶お金持ちクラブになります。そこから大補強を繰り返し、強さを増しながらいくつかのタイトルを獲得し現在に至ります。


番組を見てのざっくりした感想を述べると、何より見ていて感じるのはグアルディオラ監督への強烈なプレッシャー。別にそういう描写が直接的にあるわけでは無いんですが、常に物凄い緊張感に晒されているであろうことが色んな場面から伝わってきます。

監督とはいえ雇われです。上司はクラブの経営陣即ちオーナーサイドとなるわけですが、このオーナーが桁外れのお金持ちなだけに大変です。(※お金持ちオーナーといえばかつてはチェルシーのアブラモビッチ氏が有名でしたが、シティのオーナーは総資産額で言うとアブラモビッチ氏の何十人分にもなると言われています・・・)

普通のサラリーマンなら、上司からもっと業績を上げろと言われると『それならもっと給料をくれよ』とか『いい設備と人材をよこせ』とか心の中で言い訳したくなるのが常ですが・・・『誰よりも給料は払う、欲しいものは何でも言え、世界最高のメンバーを揃えてやる、環境も最高のものを作れるようにガンガン投資するぞ、だから就任中は全タイトル優勝よろしくな。』なんて言われたら(実際に言われているかは知りませんが)逃げ場が無いですよね。おまけにファンやメディアも、これだけ選手揃ってるんだからどことやっても負ける訳がない、なんて思っているでしょうし・・・。

かたや部下はというと、実際にフィールドでプレーする選手達です。所属する選手たちはレギュラーも控えも当然ながら皆超一流、努力と才能で若い頃から数多くの競争相手に勝ち、今日の立場を築いてきた物凄い人達で、プライドも人一倍高いはず。戦術的な問題でメンバーから外されれば良い気持ちはしないでしょうし、さらにそれでチームが負けたりすれば矛先が向くのはやはり監督。ファンやメディアだってとりあえず監督のせいにするでしょう。結果を出せずに契約途中で解任されたりしようものなら全世界にニュースが発信され、恥を晒すことになります。

こうして見るとプロスポーツのチーム、とりわけビッグクラブの監督というのは世界有数の過酷な中間管理職と云えるかも知れません。


全8話、徐々に緊張感の増していく展開で、昨シーズンのプレミアの結果を全く知らなかった(CLの結果だけは知っていましたが)私には特にハラハラドキドキ、楽しめました。

リーグ優勝のかかったマンチェスターダービーで大逆転負けを喰らってしまったときなんて怒りを抑えるのにひと苦労しましたね(笑)。シティファンにとってダービーで勝利して優勝を決めるなんて、ファン全員が人生の最高の思い出だと語るに違いない出来事なのにそれを逃すなんて!!!次の試合で優勝を決めたからといって、許される訳ないだろ!って。いや別にシティファンじゃないんですけどね。


ペップの色んなパターンのゲキ(『フィジカルじゃない、メンタルだ!』が好きです)、主将コンパニーの求心力、裏方のスタッフの存在の大切さ、様々な事態に直面する選手それぞれの思い、ムバラク会長のキレッキレ感(眼光が明らかにヤバめ)、信じられないアップセットを喰らったときのロッカールームの雰囲気、向こうのサッカーファンの凶暴さ、プレミアの過酷な日程へのやりくりなどとにかく見どころたくさん、スポーツが好きならこのAll or Nothingシリーズは絶対にハマるはずです。


視聴できる環境にある方は是非。

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

・・・もしMLBでやるとしたらどこのチームだろうか?

一番先に思いつくのはLAD。人気チームでスター選手が多く、更にデータの取り入れ方も新しいものが多い。PSに行くチームの方が絶対にいいし。

他にはTB。オープナーや他の新しいアイデアが生まれてから実際に運用されるまでを見てみたい。あるいは今回のペップのような存在に置き換えやすい、ビリー・ビーンやテオ・エプスタインのいるOAKやCHCでも良いかもしれない。

いつかはやってくれそうな気がしますけどね。

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村


メジャーリーグランキング