baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

19プロスペクト41〜50位を見てみる。

この辺にも面白いプロスペクトが結構います。

まあ、TOP100だから当たり前なんですが・・・。

 

(1〜40位まではこちら)

 

 

41位 トリストン・マッケンジー(CLE) RHP

AA/21歳/2015年42位

Fastball: 60 | Curveball: 60 | Changeup: 55 | Control: 55 | Overall: 55

真上から投げ下ろすフォームが特徴的な右腕。

マイナーでは毎シーズンほとんど全ての指標において非常に良い成績を残しており、その高いポテンシャルを発揮しています。6'5"165lb(195cm75kg)とかなりの細身で、アップサイドが見込めそうです。

 

 

42位 A.J.パク(OAK) LHP

Rk/23歳/2016年6位

Fastball: 70 | Slider: 65 | Curveball: 45 | Changeup: 55 | Control: 45 | Overall: 55

好きです。かなり推してます。まずマウンド上でデカい。(笑)昔のジアンビのような金髪のロングヘアを振り乱しながら投げるのがどこか太々しい。

豪速球とキレキレのスライダーで三振の山を築き、2017シーズンのK/9は13.2を記録します。しかしやっぱりこの手の投手にありがちなTJ行きで2018シーズンは全休。メジャーに上がるのは2020年が現実的でしょう。

 


43位 ユスタス・シェフィールド(SEA) LHP

MLB/22歳/2014年31位

Fastball: 60 | Slider: 65 | Changeup: 55 | Control: 50 | Overall: 55

ここでようやくSEA登場。しかしTOP100にランクインしているのはいずれも今オフに獲得した選手という寂しい(予想通りの?)結果に。昨年エース級の活躍を見せたジェームス・パクストン投手とのトレードでNYYから加入したシェフィールド投手。パクストン投手は怪我がちな点が不安材料ですが、かたやシェフィールド投手は昨シーズンにメジャーに昇格するものの炎上を続けてマイナーに逆戻りしています。さてこのトレード、どちらかに吉と出るか、Win-Winか、共倒れか・・・。

f:id:baseballlll:20190131224608j:image

(MLB.comより)

ちなみに名選手ゲイリー・シェフィールド氏の甥だとずっと思っていましたが、違うそうです。

 

 

44位 ヨーダン・アルバレス(HOU) OF

AAA/21歳/2016年IFA

Hit: 55 | Power: 55 | Run: 45 | Arm: 45 | Field: 45 | Overall: 55

キューバ出身、2016年にLADと契約して間もなく、ジョシュ・フィールズ投手獲得のためHOUへトレードされました。翌年LADはHOUとWSで相見えるのですが、このとき第2戦でフィールズ投手が同点の延長10回に登板するも古巣相手に一死も奪えず2失点してKO。裏にはLADが追いつきますが結局敗戦してしまいます。HOUは放出した選手を打ってWSを制覇し、トッププロスペクトをも獲得した。LADはこのトレードを二重に後悔しているだろう・・・と、MLB.comには書いてあります。(笑)

 

 

45位 ショーン・マーフィー(NYM) C

AAA/24歳/2016年83位

Hit: 45 | Power: 50 | Run: 40 | Arm: 70 | Field: 65 | Overall: 55

守備型プロスペクト。マイナー屈指の強肩でブロックやキャッチングのレベルも高く、ゲームを読む力や投手との呼吸を合わせることにも優れています。マイナーでの打撃成績はなかなか良いのですが、守備の能力だけでもメジャーリーガーとしてやっていけるだろうとの評価。

 


46位 キブライアン・ヘイズ(PIT) 3B

AA/22歳/2015年32位

Hit: 60 | Power: 50 | Run: 55 | Arm: 60 | Field: 60 | Overall: 55

2019オール・ディフェンス・チーム選出。GG級の守備に加え、昨シーズンはパワーが増して攻撃面でも1年通じてしっかりと成績を残しています。

 


47位 ニック・マドリガル(CWS) 2B

A+/21歳/2018年4位

Hit: 65 | Power: 40 | Run: 60 | Arm: 50 | Field: 60 | Overall: 55

こちらも2019オール・ディフェンス・チーム選出。守備だけでなく打撃も魅力で、小柄ながら高い技術を持ったスプレー・ヒッターです。昨シーズン173打席に立ち、三振はなんとたったの5。

 


48位 ルイス・パティーノ(SD) RHP

Rk/19歳/2016年IFA

Fastball: 65 | Curveball: 55 | Slider: 60 | Changeup: 45 | Control: 50 | Overall: 55

ファストボールとパワースライダーが武器のコロンビア人右腕。

まだ19歳ながら過去2シーズンはRk、Aで支配的な投球を見せています。

 


49位 エイドリアン・モレホン(SD) LHP

A+/19歳/2016年IFA

Fastball: 60 | Curveball: 60 | Changeup: 55 | Control: 50 | Overall: 55

キューバ出身、2種類のチェンジアップを操るパワータイプの左腕。ミッドスターター以上を目指せるポテンシャルがあるようですが、リリーフにも向いていそうな感じです。

 


50位 トゥキ・トゥサン(ATL) RHP

MLB/22歳/2014年16位

Fastball: 65 | Curveball: 65 | Changeup: 50 | Control: 45 | Overall: 55

昨シーズンはAAからスタートし、8月にはメジャー昇格を果たしました。ポストシーズンのロースターにも入り、DSで2試合に登板。2種類のファストボールと素晴らしいカーブを駆使します。

躍動感溢れるフォームと、ややアバウトなコマンドが荒々しい感じで見ていて気持ちがいいです。今季は高いポテンシャルを存分に発揮してくれるでしょう。

 

 


まだ半分!

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ