baseballlll’s blog

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルトルアー)がメインです。

19プロスペクト51〜60位を見てみる。

昨日、1月31日はメジャーリーグの歴史に偉大な足跡を残した、故ジャッキー・ロビンソン氏の記念すべき100回目の誕生日でした。

f:id:baseballlll:20190201155337j:image

(MLB.comより)

私達が日本人メジャーリーガーを当たり前のように応援しているのも、ひいては氏の勇気ある振る舞いと、プレイヤーとしての素晴らしい功績のおかげと言えるでしょう。

感謝しつつ、60位まで。

 

(1〜50位はこちら)

 

 

51位 ピーター・アロンソ(NYM) 1B

AAA/24歳/2016年64位

Hit: 50 | Power: 60 | Run: 30 | Arm: 50 | Field: 40 | Overall: 55

1B専門では最上位。昨シーズンはAA、AAAで132試合に出場し.285/.395/.579、36HR、119RBI。

走守の評価は低いのと1Bということもあり、自慢の打棒でメジャーのレギュラーを掴みたいところです。AAAではK%が急上昇しているのが課題。

 


52位 マット・マニング(DET) RHP

AA/21歳/2016年9位

Fastball: 65 | Curveball: 60 | Changeup: 50 | Control: 50 | Overall: 55

父リッチ・マニングは元NBAプレイヤー。兄弟もバスケットボール選手であり、またマット自身も野球とバスケットボールの選手でした。

昨シーズンは前2シーズンと比較して全面的に成長が見られ、AAまで昇格。

 


53位 ジョナサン・インディア(CIN) 3B

A/22歳/2018年5位

Hit: 55 | Power: 50 | Run: 50 | Arm: 55 | Field: 55 | Overall: 55

高校時代にもドラフト指名を受けた(MIL)、高い身体能力が特徴の内野手。ドラフト前年に打撃が大きく開花。マイナーでは主に3B、ときどきSSを守っていますが、2Bをこなすことも出来るようです。メジャー昇格時のタイミングで空いているポジションに入ることになりそう?

 

 

54位 ブレイディ・シンガー(KC) RHP

Rk/22歳/2018年18位

Fastball: 60 | Slider: 60 | Changeup: 50 | Control: 55 | Overall: 55

全体1位の有力候補だった右腕。2018シーズンをお休みしていたので、この選手もまたTJか・・・と思っていたら、ハムストリングの故障でした。

打ち崩すのはかなり難しそうですね。ノビのあるフォーシーム、沈むツーシーム、プラス評価のスライダーをコントロール良く投げ込みます。

 


55位 マシュー・リベラトーレ(TB) LHP

Rk/19歳/2018年16位

Fastball: 55 | Curveball: 60 | Slider: 55 | Changeup: 55 | Control: 55 | Overall: 55

高いポテンシャルを持った高卒左腕。2017年のU-18ワールドカップの決勝戦(対韓国)で先発し、6回を4安打2四球1三振の無失点に抑える活躍で見事アメリカ代表の金メダル獲得に貢献しました。

 


56位 ジャレッド・ケレニック(SEA) OF

A-/19歳/2018年6位

Hit: 60 | Power: 50 | Run: 55 | Arm: 60 | Field: 50 | Overall: 55

こちらも2017年U-18ワールドカップのアメリカ代表。決勝では3番・RFで出場しています。

f:id:baseballlll:20190201161453j:image

(MiLB.comより)

今オフにエドウィン・ディアス投手、ロビンソン・カノー選手らが絡む大型トレードでSEAに加入。メジャーの舞台はまだ少し先の話ですが、頑張って欲しいところです。ちなみにカイル・ルイス選手は無事TOP100圏外に・・・育成どうなってんだSEA。本当に。

 


57位 エステバン・フロリアル(NYY) OF

A+/21歳/2015年IFA

Hit: 45 | Power: 55 | Run: 65 | Arm: 65 | Field: 60 | Overall: 55

少し前はTOP100に大量の選手をランクインさせていたNYYですが、昇格やトレードの結果、最新版ではこのフロリアル選手を含め2名のランクインにとどまりました。

このフロリアル選手はA+レベルでK%25.7を記録した三振の多さは気になるところですが、パワー・スピード・肩は平均以上のものを持っており、将来は30-30も可能なポテンシャルを秘めています。

 


58位 アンドレス・ジメネス(NYM) SS

AA/20歳/2015年IFA

Hit: 60 | Power: 35 | Run: 55 | Arm: 60 | Field: 60 | Overall: 55

小柄ながら走攻守揃った選手。パワーにやや欠けますが、打席でのアプローチやコンタクトに優れています。SSが本職ですが、メジャーにはアーメド・ロサリオ選手がいるため2Bへの転向の可能性も。

 


59位 アレク・ボーム(PHI) 3B

A-/22歳/2018年3位

Hit: 55 | Power: 55 | Run: 35 | Arm: 50 | Field: 45 | Overall: 55

三振が少なく、アベレージとパワー、スイングスピードとバットコントロールを高いレベルで持ち合わせたヒッティングプロスペクト。

 


60位 ジャズ・チザム(ARI) SS

A+/21歳/2015年IFA

Hit: 50 | Power: 55 | Run: 55 | Arm: 55 | Field: 55 | Overall: 55

初見で読めない難読系プロスペクト。バハマ出身の選手です。

昨シーズンA/A+で112試合25HRを打ちましたが、三振も量産し149。そしてチザム選手、今日2/1が誕生日です!おめでとうございます!!

 

 

偶然にも冒頭と末尾が誕生日ネタということで、気持ちよく締めることが出来ました。

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ