baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広3-6ロ イライラしてますか?

いや、もう通り越した人の方が多いのかな?

 

先発は大瀬良投手ということで、とりあえずロッテ打線はサクッと抑えてくれるかな〜、あとは打てるかだ、なんて甘い考えでいたらいきなり中村奨吾選手にソロを浴びてしまいました。球のキレ、制球ともにいい感じだったので悔やまれる一球でした。


ただ、問題は打てるかどうかです。今日は驚きの1番・田中選手復帰。復調しているとは言えませんが、野間選手よりは遥かに期待でき、長野選手とはそう変わらない、であれば左打者ということでの起用でしょうか。またセンターに高橋大樹選手を起用しているので、やや消去法的でもあります。


ロッテの先発は岩下投手。正直、私はカープの試合以外はスポーツニュースなども含めて一切見ない(地域柄、ホークス戦はたまに見ます)ので、岩下?誰だろう?レベルで、流石にまあまあ打てるだろう、なんて大変失礼ながら舐めていました。

そしたら球は速いし制球も緩急もそこそこ良いし、こりゃ簡単には打てないかもな・・・と目が覚めました。(笑)案の定、2回まで6凡。

そうすると逆にロッテ・荻野選手にもソロを浴び2-0に。リズムも球も良いのに、突発的にソロが出るあたりは完全に昨日勝った自信からくる勢いでしょうね。それだけ昨日の負け方というのは最低最悪だったのだと、改めて思い知らされました。

 


その後は・・・あまり語ることも無いですね。ソロ攻勢で加点されていきましたが、今日のロッテ打線は三振OKで速球系を思い切り強振して引っ張ろう、という明らかな割り切りが見えました。テレビで見ていても簡単に分かる作戦でしたが、同じように打たれ続けており、同じ失敗を何度も繰り返す様は見ていてガッカリでしたね。


ファンも完全に白けてしまっているようで、マツダスタジアムは試合開始後からやたら静かでロッテファンの声援だけがよく聞こえます。(笑)テレビではアナが普通のショートゴロでも熱く実況していて、解説の安仁屋さんの落ち着きとのコントラストが悲哀を誘います。


最も盛り上がったのは今日8番・センターでスタメン出場した高橋選手がセンター前タイムリーを放ったとき。結果が出て本人もホッとしている事でしょう。

f:id:baseballlll:20190619211647j:image

(次の打席でもヒット。良かった!)

また、8回に戻ってきた松山選手がタイムリーを放ち、こちらも大いに盛り上がりました。状態は悪くなさそうですし、5番失格レベルの成績になっている西川選手との入れ替えも視野に入ってくると思います。


その8回は折角の押せ押せムードの中、1・2・3番が見事に流れをせき止める凡退。結局、最近の負けパターンである『上位打線が打てない』という形がまた登場しました。5点差があった中、ここで点が取れなければそりゃ勝てませんね。

 

交流戦はこれで3勝9敗1分。情けないですね。今から日本シリーズの話なんてするのはおこがましいにも程がありますが、これじゃ勝てるわけないよなあ。もう日本一以外は要らないと思っているファンは多いと思いますが、私もそのうちの一人です。

救いはリリーフが非常に良いことで、これは現代野球の短期決戦において非常に大きなアドバンテージになります。しかしその前に、これだけ波のあるレギュラーシーズンの戦いぶりが実力不足を感じさせます。来シーズンは更なる戦力ダウンが確実ですので、今シーズンが最後のチャンスだと思うと・・・。


今日もベンチにカメラが向くたびに明るく振る舞っている選手たちが映るのですが、暗い雰囲気になるよりは全然いいものの肝心のプレーに無策さや集中力の欠如が感じられ、大丈夫か?という思いに駆られます。

こういう時に、頼りになるベテランの存在がとても大きな意味を持つはずです。長野選手にその役割を担ってもらいたい、いや今でも担ってくれているはず。それが結果に繋がるよう、一戦一戦、プレーひとつひとつに今一度集中すべき時です。

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ