baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広7x-6ロ 小園も霞む酷いゲーム。

解説の金石さんが試合開始直後にひと言。

『今のカープには、刺激を受けなきゃいけない選手がたくさんいるんですよ。』

仰る通りですよね。3連覇して、どこか安穏としていたのかもしれません。


今日はビッグサプライズ、高卒ルーキーの小園選手が一軍昇格、そして即『1番・遊撃』でスタメン出場となりました。田中選手の連続フルイニング記録はストップ。しかしこの事を気にするファンは、最早皆無と言っていいでしょう。田中選手本人にとっても、心身ともに一旦の休養、そしてベンチから試合を見てみるというポジティブな1日となったはずです。

f:id:baseballlll:20190620215631p:image

(ユニフォームの着こなしはまだ高校球児っぽさが色濃く残っています)


そして5番には松山選手が復帰。3番には西川選手、6番にはバティスタ選手が入りました。正直、3番に西川選手を置くのは良いチョイスとは思えませんでしたが、結果的にはこれは私が間違っておりました。


さて、小園選手の初打席の前にカープの先発は前回ド派手に散った床田投手。今日のカープは見どころ沢山です。(笑)前回の登板から気持ちの切り替えが出来ているのか不安でしたが、心配御無用!逃げることなく、且ついい意味で慎重さを失わず、特にアウトピッチを良いところに決まるまで辛抱強く投げていました。これが出来ればそう大崩れすることは無いでしょう。


そして待ちに待った小園選手のプロ一軍初打席!


初球、真っ直ぐを空振り!


おや??


スイングにキレがある!!なんだか私は、この一球に目を覚まさせられた心持ちがしました。ここでは追い込まれながらも見事にレフト前ヒット。祝・初安打です。そして西川選手のタイムリー三塁打でホームイン、祝・初得点!


この小園選手のスイングに引っ張られるように、今日のカープ打線は全員がこれまでと違って良いスイングを見せるようになりました。まるで昨日のロッテ打線を見ているようです。見違えるように活発になった打線は、6回までに6点を叩き出します。

私が目が覚めたくらいなので、間近で見ているチームメイト達にとっては尚更のことだったと思います。勝手に思いを巡らせているだけですが。

 

6回終了時点で6-0。今日はこのまますんなりと・・・は、行きません。(笑)床田投手は90球、もう1イニング投げるのかと思いきや継投に入ります。しかし2番手の一岡投手がパッとせず、後を継いだ中村恭平投手も打たれて一気に4点を失い、あっという間に試合は分からなくなります。

これ、結果論ですけど継投に入るのが明らかに早かったような気がしますねえ。


その後も今日は勝ちパターンのリリーフが揃いも揃って最悪の投球。結果、6点のリードは最後の最後になくなり同点に。ロッテは終盤強いというか、一度乗ると一気呵成に打ちますね。怖い。

その前、9回のオモテには先頭の會澤選手が二塁打でチャンスを作るも、続く上本選手が送りバント失敗。これは流れからすると本当に最悪でした。そもそも三塁に送るバントは失敗の可能性が高まるので私はそれ自体に疑問を持っていますが、それでも上本選手のバントはワンバウンドでピッチャー目の前という最悪の形でした。


9回ウラ、色々ありましたが、最後は今日もよく打った會澤選手が決めてくれました。サヨナラ勝ち。でも、あまり盛り上がれませんねえ・・・。

 


なんとか連敗は止まりました。しかしながら途中までの快勝ムードは暗転し、勝ちパターン全員注ぎ込んだ上に追い付かれ、なんとか9回で勝てたのが救いですが明日以降の試合に影響しそうで不安です。


小園選手はリストのよく効いた気持ちのいいスイングで、打席での期待感があって良いですね。明日もスタメンかは分かりませんが、攻撃面ではしばらくチームの力になってくれそうです。


心配なのはリリーフ陣。ここまで非常に良い働きをしていますが、多少出来過ぎの感もあり、調子を落としても不思議は無いだけにベンチには上手く駒のやり繰りをしてもらいたいものです。

打線が復調しても次はリリーフが不調、というのは御勘弁願いたいところですからね・・・。

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ