baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広2-3オ えっ?そこで小園を代えるんですかい!?

追い上げたいのに攻撃力がガタ落ちだぜぇ!!


先発のアドゥワ投手は6回を6安打2四球、自責0の92球で投げ切りました。カウントを悪くしがちでしたが、まずまずゴロを打たせる投球が出来ておりよく粘ったと思います。昨日の山口投手に対して言った緒方監督の『お前の魅力は何なんだ』という問いを、アドゥワ投手も意識していたのかも知れませんね。

 

f:id:baseballlll:20190622204759p:image

(よく頑張った!お疲れ様。)


自責は0、しかし失点は3。

残念かな、今日も小園選手のエラーが勝敗を決してしまいました。何でもないショートゴロだったんですけどね・・・焦ってしまったのか?その前にもエラーがありましたが、ハンドリングが下手なのか、焦っているのか、いずれにしても守備のプレースピードはとても一軍レベルにはありませんね。

そして結果的に試合を決めた3点目となったのはランダウンプレーでの走塁妨害。擁護しようのない磯村選手のイージーミスでした。守りのミスが失点に繋がるという、4月を思い出す状況です。


6回ウラ、ミスを取り返すべく打席に立った小園選手が鋭い当たりの二塁打。続く菊池選手も二塁打で1点を返します。

 

f:id:baseballlll:20190622205050j:image

(ヘッスラの後の表情がたまらない。)

 

ここで一気に繋がりを見せたい・・・けど打てない・・・それが今のカープ。結局、1点止まりでした。


疑問に思ったのは直後の選手交代。1番の小園選手に代えて遠藤投手、代打の曽根選手がショートへ。この結果、上本選手・曽根選手・投手と並んでしまう激ヤバオーダーが出来上がってしまいました。投手のところでは間違いなく代打を選択する事になるのですが、その前の2人の打撃にはほぼ期待出来ないため、残り少ない攻撃でチャンスからの代打というパターンが難しくなりました。

リードされていて、守るよりもまず点を取らなければ負けてしまう状況、しかも内野手にはまだ田中選手を残していてのこの起用は・・・上本選手に代えて曽根選手、で良かったような。

結果論ですが、そうすると7回のチャンスで上本選手ではなく代打起用が出来た上、打つ方は良かった小園選手にも回ってきていた可能性があります。

まあ、あくまで結果論な上に素人考えですし、守りで更にエラー連発して失点していたかもしれませんけどね。

私だけでしょうかね?こう思ったのは。


そもそもの話になってしまいますが、打撃に期待出来ない代走要員兼内外野UTという、打席の左右以外は役割がモロ被りの選手を2人も控え要員に置いておく必要はあるんでしょうか??現状は打線が低調なのですから尚更、打撃に少しは期待出来る選手を置いておいた方が良いのでは。何で小窪選手を落としたんだろう。

せっかく当たりが出てきた安部選手もこんなタイミングでコンディション不良とは、本人にとってもチームにとってもツイてないです。

 

20勝4敗1分の5月から、現時点で5勝12敗1分と無様な6月。長かった交流戦も、あと2試合で終わります。何だかもう、結果はどうでもいいから早く終われって思いたくなりますね。でも、巨人がこれだけしっかり交流戦でも勝ってるんです。つまり、カープにも充分に戦えるはずなんです。

本当に勝ちに行っているか?貪欲さは足りているか?これだけ勝ち負けの波が大きいと、全体的に本気度が足りないんじゃないか?と思ってしまいます。


頑張ろうとかじゃなく、勝ちに行ってくれ!!

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ