baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広5-4ヤ 遠藤投手プロ初勝利、安部選手の覇気。66と6の活躍!


遠藤投手、今まで本当に頑張ってきてたけど勝ち星という結果はなかなかついてこなかったので、良かった良かった。我々ファンもホッと一安心、ですね。

 

今日も昨日に引き続きいきなりの先制点を献上する展開。2点リードされましたが、石川投手の出来からして追い付くのは難しくないだろう、と思っていました。

 

その機会は3回に訪れます。鈴木誠也選手、初球の真ん中付近に来た変化球をバックスクリーンへ同点弾!いや〜、このホームランには駆け引きの妙を感じました。


しかし直後に野村投手がピンチを招くと、石川投手に2点タイムリーを浴びるという残念な展開・・・今日の野村投手はキレもコマンドも良かったと思うんですが、結果がついてこなかったですね。

 

劣勢の中、5回には1、2、3番の3連打で2点を挙げ再び同点に。今日は西川選手3出塁2得点と1番打者として素晴らしい活躍。1試合のチーム得点は5点というのが勝ちへの1つの目安ですが、1番打者がこれだけ出塁してくれれば主軸が返して得点でき、それだけ勝ちを引き寄せることになります。

 

 

 

その後試合はしばしの膠着状態を経て、さて次の1点はどうなるか・・・そんな雰囲気漂う8回、伏兵・安部選手の一発!先頭、代打、初球。こういう場面で突如ホームランを打つあたり、とても安部選手らしいですね。久しぶりの覇気!でした。

 

8回ウラの勝ち越しというのは、相手の攻撃のチャンスが残り一回のみという事になる事から非常に大きな意味を持ちます。その最終回、マウンドには久しぶりのセーブ機会での登板、中崎投手

しかしやはりというか・・・連打で早速1、2塁のピンチ。ここでヤクルトは送りバントという非常にリスクの高い作戦を採りましたが、これはラッキーでした。案の定、3塁フォースアウト。危なっかしいフィールディングでしたが・・・。1、2塁のバントというのは実に難しいのです。

 

しかし、これで救われた・・・なんて思ったカープファンは居なかったでしょう。またもヒットを打たれて満塁。そして青木選手には会心の当たりのセカンドライナー。カープファンの肝は冷えっぱなしです。

最後は山田選手をなんとか打ち取りゲームセット。ヒットを打たれたのは全てストレートでしたが、球速が141〜143キロと遅く、これではクローザーとして厳しいでしょう。最後に山田選手を打ち取ったストレートは147キロでしたが、最低これくらいはコンスタントに記録しなければ今後も同じ状況に陥ることは当然のようにあると思います。

途中から救援した遠藤投手にプロ初勝利が転がり込み、初のお立ち台にも上がりました。ウイニングボールはご両親にプレゼントするとの事。これからもっともっと成長して、リーグを代表する投手になってくれることでしょう!

 

 


連勝したものの、カープはとても好調とは言えません。しかし、それを上回る不調ぶりのDeNAが今日も敗れて再度2位浮上。反対に巨人は安定した戦いぶりを見せています。カープはここから今まで以上に苦しい戦いが毎日続くでしょうが、それでも勝ち続けるしかありません。この状況、選手たちはとても良い経験を積めていると思います。ポジティブに捉えて、頑張って欲しいですね。

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ