baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広5-4中 カープらしい試合・・・?


なんというか、まあ・・・。

 

らしさ、発揮。

カープ先発は床田投手。初回にエラー絡みで先制された後も度々ランナーを出しますが、よく粘り、だんだんと調子を上げていく得意の?パターン。結果的には6回1失点(自責0)と、らしさの光る投球でした。

 

打線は2回、中日先発の柳投手に対し4連続長短打を浴びせる鮮やかな逆転を見せてスコアは3-1。

3点目となるタイムリーを放ったサンタナ選手、いいですね〜。全体的にはミスショットを頻発するなどまだまだ粗さが残っていますが、ボールの見逃し方や狙い球への反応は高いセンスを感じさせます。完成形はよく言われているルナ選手のようなラインドライブヒッターでしょうね。たくさん二塁打を打ってくれそうです。

 

なかなか追加点が奪えない中で、5回には辛抱強く投げる床田投手自らがヒットを放ちそこから満塁のチャンス。しかし得点できず、ここでも満塁で点が入らないという『らしさ』発揮。

 

8回になんとか1点を追加し、リリーフ陣もリードを保って最終回へ。しかし、今日の試合(に限らず?)最も『らしさ』を発揮したのはベンチワーク。再度の一軍昇格後、一度として良い内容の投球を見せていない中崎投手を今日もクローザーに据えます。ずっと結果オーライが続いていましたが、運だけで続けて結果が出るほど甘くありません。

リードは3点。私は2点は取られるだろうと思って見ていました。

しかし・・・。球威に欠ける真っ直ぐは空振りを取れず、得意のツーシームも見切られ、コーナーを狙ったスライダーが甘く入って好き放題に打たれます。あまりにイージーに攻略される有様は想像以上で、さすがに驚きました。サヨナラ負けを喫することなく9回を終えられたのは幸運としか言いようがありません。

 

ラッキーだったのは、直後に登板した中日の岡田投手も今日に限って言えば中崎投手とそう変わらない出来だったことでしょう。どんな場面においても頼りになる鈴木誠也選手の一打を皮切りに、會澤選手のタイムリー、そのウラの遠藤投手の力投のおかげで、なんとか勝利をモノにすることが出来ました。

 

 

 

思い切らない、勢いが出ない。

勝つことは出来ましたが、中崎投手はクローザーとしてこれだけ不安定だと勝ち試合を落としたり延長にもつれ込んだりと、チーム全体の士気や体力に大きく影響します。もともとクローザーを務められるようなパフォーマンスは一軍昇格後にも全く見せられておらず、今日の結果も『誤算』などとはとても言えません。

それでもクローザーとして起用してしまうのは他のリリーフに確かな信頼を置ける投手がいない事と、中崎投手のこれまでの経験を買ってのことなのでしょうが、さすがに現状では無理があると言わざるを得ないでしょう。

こういうのは困った時や短期決戦では我々ファンが幾度となく見てきた光景ですが、臨機応変かつ合理的な対応よりも、なんとなく収まりの良さそうな形でお茶を濁すというやつですね。

思い切ったことをしないというのは緒方監督の一貫した方針のようですが、これでは勢いというものが出てきません。おそらく中崎投手のクローザー起用は今シーズンはもう無いと思いますが・・・遅いというかそもそも起用すべきでないというか・・・後手ですね。

 

打線にも突っ込みたいところはありますが、今日はもういいでしょう。結果オーライで反省しないのは、いいことでは無いですね。また明日の試合に期待しましょう。

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ