baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

8/16 広2-2神 結果よりも気になる・・・。


初回、これは今日はイケる!からのこりゃ今日はダメだ・・・という展開でしたが、よく持ち直しました。ラッキーもありましたが結果オーライ。

 

ただ、今更ながら気づいたのですが。

今日のスタメン、そして試合を見ていて、例えばキャッチャーはレギュラー争いと言ってもいい状況が生じており、そしてそれぞれの選手が結果を残しています。

外野手もレフトの一枠を調子のいい選手が埋める形になっています。

また、リリーフ陣はネガティブな意味合いでの居場所の頻繁な入れ替わりがあり、最近では8回、9回を消去法的に固定出来た結果、良いパフォーマンスを維持しています。その他の投手もまずまず結果を残してきており、若手もその中に交じるようになりました。

 

反対に、ファーストやショートは全くと言っていいほど競争が起こっていません。しかもその両方が現状、攻守両面において穴となっています。

 

www.baseballlll.jp

 

ライトの鈴木誠也選手のポジションに全く競争が起こっていないのは言うまでもなく当然です。しかし今の状態の田中選手松山選手のポジションを脅かすような存在がいないというのは、深刻な編成上の問題が生じていると考えるほかありません。

いずれも今シーズンだけの不調ならいいのですが、年齢や昨シーズンのことを考えるとここから成績が向上することを望むのは少々ギャンブル的と言えます。

 

リリーフ陣は開幕当初の散々な出来から、節操が無いとも取れそうな程の試行錯誤を重ねてようやく落ち着きつつあります。結果、塹江投手のセットアッパーへの抜擢や、ケムナ投手島内投手の成長という頼もしい要素も生まれました。

投手は何度か続けて打たれていると印象に残りやすいので入れ替えもよく行われますが、野手の方はずっと打っていなくても投手ほどは目立たないし思い切って替えづらい、ということは果たしてあり得る話なのでしょうか?

せっかくなので、野手についてももっと節操が無いと見えるくらいに入れ替えをしてみてもいいのではないかな、と思います。

二軍の選手たちも、自分にも出番が回ってくるかもしれないと奮起して結果を残そうとするのではないでしょうか。そういう状況に目の色を変えて頑張れる選手こそ、将来のレギュラーに相応しいのではないかと、そう感じるのでありました。

 

赤ヘル あの日あの時 〜カープ70周年記念出版

赤ヘル あの日あの時 〜カープ70周年記念出版

 

 

カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ