baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

5/18 広2-4巨 こんなものなのか・・・。


昨日の嫌な負け方を吹き飛ばすような会心の勝利を期待していたんですけどね。

あれは仕方ない。だから今日が大事、だったと思うんです。

 

床田投手は良くないながらも粘りましたが、ホームラン2本が効きました。

どちらも悪いボールではなかったと見ますが、真っ直ぐに張っていたところを見事に仕留められました。

やっぱり、東京ドームでの試合は一発の怖さがある打者が多い方が圧倒的に有利です。まず心理的に優位に立てると思います。

今日のカープのスタメンでは、多少ランナーを溜めたところで長打がないので大量失点のリスクが少ない。調子の悪い打者と投手のところでしっかり抑えておけば、まずまず大丈夫だろうという感じで巨人の投手はみんな余裕があったように見えました。

 

そんな中で大盛選手が4出塁と大健闘。これぞ1番打者の働きです。

2番・菊池選手が2安打、4・5・6番も揃って2安打と、これだけ見ると5〜6点は入っていそうなものですが。これらの安打すべて短打であり、さらに3番の西川選手が昨日に続き無安打だったことが大きく大きく響きました。

少し前まで、あれだけ打っていた西川選手は、昨日も今日もボールが全く見えていない様子。打てそうな雰囲気は一切ありません・・・こうも変わってしまうものか。

一方で小園選手は、本当によくボールが見えているようですね。闇雲に振り回していたのが、『好球必打』になっています。

こうなると、上り調子になってきたところで小園選手を上位に、それこそ変わりばんこの1番にでも据えていれば打線の活性化に繋がったのではと、ついつい考えてしまいます。これぞ結果論ですけど。

 

昨日の一敗を今日の一勝にしてくれるという希望は、その片鱗すら無いまま終わってしまいました。こういう試合で嫌な空気を吹き飛ばすほどのチームの力というのは、まだ備わっていないのでしょうか。

この様子だと、苦手な交流戦は相当に厳しいものになりそうです。

まあ、ほとんど毎年厳しいんですけど。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ