baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルトルアー)がメインです。

シマノ カルカッタXTのメンテ。

知人からキャスト時に異音がするとのことで預かったシマノ カルカッタ200XT。もう20年も前のリールです。このくらいの年代のものを分解するのは初めてです。

f:id:baseballlll:20181214163622j:image

写真では分かりにくいですが、結構汚い!!

f:id:baseballlll:20181214163707j:image

f:id:baseballlll:20181214163725j:image

スプールシャフトのベアリングも不穏な色をしています・・・

f:id:baseballlll:20181214163746j:image

反対側のスプールベアリングは固着していて、回転はおろか取り出しすら困難な状況。パーツクリーナーぶっかけてもダメです。反対側に空いている穴からマイナスドライバーでガツン!!と何度かやってようやく取れました・・・。

 

f:id:baseballlll:20181214163834j:image
とりあえず、ギアボックス側は置いておいてクラッチやレベルワインド周りを分解。ウォームシャフトのEリングが取り外しにくい以外は簡単に出来ました。パーツを外していくたびに真っ黒な粉状の汚れがボロボロと落ちてきます・・・。


で、まずはボディ筐体の汚れを綺麗に落としていくことにしました。

歯ブラシと台所用洗剤を使いながらゴシゴシ・・・ひたすらゴシゴシ・・・

f:id:baseballlll:20181214163905j:image

気持ちいいほどスッキリ綺麗になりました!!


洗う前と・・・

f:id:baseballlll:20181214163932j:image

比べてみても一目瞭然。

f:id:baseballlll:20181214163949j:image

わずかに残った汚れは爪楊枝の先と尻尾を駆使して刮ぎ落とします。

 

f:id:baseballlll:20181214164149j:image

f:id:baseballlll:20181214164152j:image
ついでにギアボックス側も洗いました。

 

f:id:baseballlll:20181214164217j:image
そしてレベルワインド、ウォームシャフト周りのパーツも。


とりあえず掃除はここまでで、次にベアリングのチェック。(とは言え、もうダメなのは分かりきっていますが・・・)

f:id:baseballlll:20181214164237j:image

スプールベアリングリムーバーを買ったので、これでピンを外します。今まではペンチでやっていましたが、ピンがすっ飛んでいって紛失する、ピンや頭のところが変形するなどのリスクがあったのでちょっと高いなあ~と思いながらも購入。

 

私が購入したのはヘッジホッグスタジオのこちら。

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ) スプールベアリングリムーバー タイプR

HEDGEHOG STUDIO(ヘッジホッグスタジオ) スプールベアリングリムーバー タイプR

 

 

いざ使ってみるとこれは便利!!(※ただしダイワのスプールに使うときは目貼りしないと普通にスプールエッジにキズが入ります。注意!)

 

f:id:baseballlll:20181214164437j:image
ベアリングを取り出してウエスで拭いて、パーツクリーナーで脱脂洗浄してドライヤーで乾かして・・・としたところで、動かないものは動きません。もはや交換するしかないですが、今日は代えのベアリングが無いのでレベルワインド周りだけ再度組み立てて終了。


またモノが揃い次第ギアやクラッチのメンテをして仕上げようと思います。

 

それにしても僅かにすら回らないベアリングでキャストって、一体どこに無理がかかりながらルアーが飛んでいたのだろう!?

 

(続きはこちら)

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村