baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広2-11楽 投手よりもむしろ・・・。

先発の床田投手は初回からポコポコとホームランを浴びます。まるで打撃練習。

f:id:baseballlll:20190614210800j:image

しかしこれには訳もあり、床田投手にとっては災難なことに今日はストライクゾーンが極端に狭い日でした。テレビ中継でも、ストライクゾーンにプロットされた軌道が何度も何度もボール宣告されます。これではよっぽど球威があるか、空振りを奪える強力なウイニングショットが無ければ抑えられません。結局、真ん中付近に投げざるを得なくなり、楽天打線は待ってましたとばかりに強振。惨めにも完全な餌食となってしまいました。

2回途中には早くもKO。後を継いだのは今シーズン初登板となる藪田投手。こういう局面ではツーシームを駆使する藪田投手に多少は有利に働くかな、と淡い期待を抱いていましたが、残念ながら結果は同じようなものでした。


ある程度の点差がついてからは、もはや楽天打線はゾーンなど関係なくのびのびと振ってきます。これがいい結果に繋がりやすくなって、結果さらなる得点が生まれるというよくあるパターンにハマり、大量得点の一方的な試合が出来上がるんですよね〜。


3番手の遠藤投手と4番手の島内投手は今日も球威があり、真ん中付近の球でもグイグイと押し込んでいました。2人とも短いイニングしか投げていないので先発でこれが出来るかというと未知数ですが、このくらいの球威が無いとパ・リーグ球団の強力な打線は抑えられないということですね。

山口投手や島内投手、そしてこの遠藤投手など、近年はいわゆる本格派と呼ばれるタイプの投手をドラフト戦略で獲得していますが、これらが成長したときに非常に強力なローテーションを形成できるのではないかと夢見てしまいますね!

 

ということで、今日の試合の失点はある程度仕方ないんです。私はそう思います。10点は取られても、12点取って打ち勝つ、というゲームに持ち込まなければ勝てません。

黙って立っていれば自動的に深いカウントになり、四球のチャンスが高まります。それほど強力なアウトピッチがあるわけではない辛島投手が相手であれば、追い込まれてからもある程度対応は可能でしょう。まして今日は真ん中付近だけケアしていれば良いのですから尚更のことです。ランナーを溜めて溜めて、相手投手が苦しくなって真ん中付近に来たところを一発長打で大量点、それこそ満塁ホームランをひたすら狙いに行くような攻撃をする必要がある、そんな日でした。

しかしながら、それが実践できていたのは残念ながら見ている限りでは會澤選手小窪選手だけでした。せっかくゾーンが極端に狭いのに、ほとんどがむやみに振り回しては凡打を繰り返す始末。対して楽天打線は、勝つためにどうすればいいかをしっかりと把握して戦っていました。

 


まあ、意識の差でしょうね。がむしゃらにやればいいというものでは決してない。もう首位かどうかに関係なく、あの勝ちまくっていた頃の一戦一戦にしっかりと取り組む姿勢を思い出して欲しいものです。

 

今日は大谷翔平選手が見事に日本人初のサイクルヒットを達成しました。そちらを喜んで、せめて少しでも気分良く明日を迎えましょう!

www.baseballlll.jp

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ