baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広1-2xDe 打てないのに、打たないオーダーを組む。

アドゥワ投手、良かったですね。

 

f:id:baseballlll:20190629221643j:image

(磯村選手との呼吸もピッタリ。タイムリーも打ってくれました、が・・・)

 

今日はコントロールが非常に安定していて、内外の投げ分けと緩急が非常に効いていました。ファストボール、カーブ、そして勝負どころではチェンジアップが素晴らしかった!伊藤光選手にホームランは打たれてしまいましたが、その他は殆ど付け入る隙のないピッチングで、持ち味を存分に発揮した7イニングでした。

 

かたや打線は(最近いつもこれ言ってるぞ・・・)今日も大人しく抑えられます。

良い投球を続ける平良投手に対し、下位打線がチャンスを作ってなんとか追いつきますが、直後に無駄なスチールを仕掛けて自爆。

7回にはまた下位からノーアウト1、3塁の大チャンスを作りますが、ここで田中選手磯村選手が凡退。しかしここは正直言って下位打線に過度に期待する方が無理があります。そういう意味では全く仕事をしていない上位打線の責任は重い。

 

中でも、打線において最も重要な1番打者と4番打者がこれでは勝ちが遠くなるのは当然のことです。特に何故か1番で起用となった野間選手は相変わらずの有り様。高橋選手が結果を出したのに、相手が右投手とはいえ野間選手がスタメン起用とはとても納得できる話ではありません。前日の記事にコメントいただいた方の仰る通り、野間選手は守備が良いわけでもなく、走塁の貢献は高いですがそもそも出塁出来ないのではそれも意味がありません。

選手にはそれぞれ能力や得意分野というものがあるので、野間選手が悪いということではありません。最初から打てない、現在チームで最も期待出来ないクラスの選手を打線の最も重要な1番に起用するという事が謎なのです。一体どういうことなのでしょうか?2位にいるのに育成モード?自暴自棄?クジ引き?もはや訳が分かりません。

そして鈴木誠也選手、不調が長いですね。打席の中で打てる球を振りに行ってはいるものの、ミスショットばかり。今ここが本人にとっての壁なんでしょう、彼ほどの打者であれば実力で乗り越えて、更にレベルアップしてくれる事でしょう。信じて待つしかないですね。

 


さて試合は1-1のまま、カープ自慢のリリーフ陣がしっかり仕事をこなし、打線は相変わらずな攻めで1点が遠い。そのまま迎えた10回ウラ、中村恭平投手がサヨナラヒットを浴びて負け。

中村恭平投手は、先頭の桑原選手にほとんどホームランという当たりの三塁打を浴びましたが、これがホームランにならなかったことでその後の気持ちのこもった投球が見られたのは良かったです。ただしストレートに強い桑原選手に甘いストレートを投げてしまったのは失敗でしたね。

続く神里選手ソト選手を連続三振に打ち取った場面は、開き直りの中にも冷静さが感じられてとても頼もしく思えました。難敵ロペス選手を申告敬遠し、筒香選手との勝負。ここも非常にいい内容でしたが、やや力んでしまい四球。そして宮崎選手に対してストレートで押しながらもヒットにされてしまいました。出来れば筒香選手のところで終えたかったですが、中村恭平投手は本当によく頑張ったと思います。

 

 

これで巨人とは2.5ゲーム差となったわけですが、巨人はヤクルト・中日と下位チームとの連戦でゲーム差を広げやすくなっています。オールスターまでは直接対決が無いのですが、直接対決の頃にはもはや優勝争いから脱落している可能性もかなりありそうですね・・・。

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ