baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

9/11 広0-4神 苦手克服も上位進出も遠い。


結局、西投手相手にはこんなパターンばかりですね。

 

いつ見ても、左右の揺さぶりと絶妙な緩急で見事な投球を見せる西投手ですが、それほど球威のあるタイプではないので思い切りよくいけば結果も変わりそうなものですけどねえ。

まあ、そう簡単にいけば苦労はしないんですが。

 

カープの先発は床田投手

久しぶりの一軍マウンドでしたが、いい球を投げていたと思います。

初回の失点、サンズ選手のタイムリーは詰まらせたのにあんなところに打球が飛んでビックリしました。(笑)

全体的に制球、キレもまずまずで次回の登板も最低これくらいこなしてくれれば、バックエンドとしては充分でしょう。

 

打線は今日再び1番に入った大盛選手に期待しつつ、西投手だと簡単にひねられるかもなあと思っていましたが残念ながら簡単にひねられてしまいました。これも経験。

それにしても、まだ一軍経験の浅い若手に打線で一番大事な1番打者を任せるとは、思い切った起用です。打線が機能するかどうか、つまりチームが勝ちに近づくかどうかは1番打者と4番打者にかかっていると言っても差し支えない中で、これは驚きとも言えます。

しかし、これだけ思い切ったことをする割には、ここまでを見ると野手の世代交代には及び腰に思えるんですよね。目立つのは坂倉選手くらいでしょうか。

 

 

 

シーズンも半ばを過ぎ、そろそろ着地点を見定めるときがやってきます。

リーグ優勝、つまりペナントレース1位以外は何の意味も成さない今年は、終盤まで下位に沈んでいるのにAクラス狙いで勝ちに行くなどしてしまうと来シーズンもっと酷い事になってしまうのは明らかです。

佐々岡監督も慣例を踏襲して5年体制を敷く計画だとすると、優勝を狙いにいくのは3年後なのか、集大成の5年後なのか、あるいは今シーズンこれまでのような、騙し騙し奇跡が起きることに賭けるような戦いをずっと続けるのか、何らかのビジョンを示してほしいところです。

 

そういったビジョンに沿ったチーム編成、戦い方が出来ていれば、勝とうが負けようが納得出来るんですよね、応援する方としても。

 

余談ながら、9回のピレラ選手のアウト判定はどう解釈したらいいのでしょうか?

よく分かりませんでした。

 

カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ