baseballlll’s blog

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広3-2巨 神は鯉を救いたもうた。

終盤の相次ぐ幸運に、野球の神様の存在を信じましたよね?

 

f:id:baseballlll:20190731214136j:image

(まだ緊張感の残る面持ち。今日も頼れるエースでした)


綺麗なワン・ツー!

試合開始。

昨日打ちまくった西川選手、今日も期待・・・ホームラン!!

なんと月間4本目、球団記録となる先頭打者ホームラン。しかも、西川選手の場合は今月15日からの半月しか1番を打っていません。そんな状況での記録ですから大したものです。

すると続く菊池選手もレフトスタンドにホームラン!これはビックリ、予想だにしない先制パンチで2点を奪いました。

この1、2番は第2打席でもいずれもフルカウントに持ち込み、菊池選手は四球を選ぶなど、いい役割を果たしました。結果、鈴木誠也選手のタイムリーで生還して3点目。昨日の敗戦でまたガラッとチーム状態が変わるのでは・・・と不安にかられたファンも多かったと思いますが、この3点で胸を撫で下ろしたことでしょう。私含め。

 

黙々と0を並べるエース。

カープ先発はここのところ非常に安定感のあるジョンソン投手。今日は立ち上がりから微妙な制球にも苦しみ球数が嵩んでいきます。結局三者凡退の回はゼロ。それでも点は与えません。見ていても不安になるような場面は全く無く、今日も自分の仕事に黙々と取り組み、6回を無失点。流石のエースでした。

点差に表れない緊張感。

6回までは一度カープに満塁のチャンスがありましたが、それ以外ほとんど動きなく進んでいきました。

7回からは遠藤投手が登板。正直ちょっと不安だな・・・と思いました。3点差ありながら、流れは膠着状態。このプレッシャーに耐えられる経験は、まだ積んでいません。

先頭の岡本選手に不運なポテンヒットを打たれると、続くゲレーロ選手を追い込みながらレフトに特大2ランを浴びます。カーブのような変化球を外のストライクゾーンに投げましたが、モロにホームランボールでしたね。ゲレーロ選手に対してあの球、あのコースのチョイスはちょっと謎でした。

これであっという間に一点差。

さらにその後2アウトを取りながらも満塁のピンチを招きます。やはりと言うべきか、ハッキリ言って遠藤投手には荷が重すぎる登板となりました。しかし、坂本選手に対しては開き直ったのか、なんとか抑えます。しかし、追い込むまではいくもののアウトピッチとなる球がありませんね。今後リリーフをするにしろ先発するにしろ、これは必須の要素なので技術を磨いていかなければいけません。

 

何かが起こる8回。

何故かは分かりませんが、後半戦のカープは8回に得点、あるいは逆転する場面をよく見ます。なんとかピンチをしのいだ直後、しかも先頭打者は鈴木誠也選手という事で期待はしていました。その期待に応えるヒットで出塁。

続く打者は途中出場の野間選手。ここでの作戦は送りバント、当然の選択です。しかし、つい最近見たのと同じく失敗、スリーバント作戦は採らずにヒッティングでライト前ヒット。結果オーライ?どうでしょうね。

次の三好選手、こちらも送りバントを失敗し結果は内野フライ。この連続でのバント失敗があっても1アウト1、2塁というチャンスは出来ているのですが、何となく得点への期待感が高まりません。

結果、得点出来ず。どんどん嫌な雰囲気は高まっていきます。

 

するとそのウラ、ここ最近セットアッパーを務める今村投手がいきなり二塁打を浴びるピンチ。ここで岡本選手、送りバントをきっちりと決めます。慣れていないはずですが、しっかりと送りました。

1アウト3塁となって緒方監督はフランスア投手をマウンドに送ります。ここは三振を奪える投手を起用するというのは理に適っています。カープのブルペン陣では、フランスア投手か中村恭平投手、あるいは島内投手ということになりますが、絶対に点をやれない場面と考えればフランスア投手がベストなのは明らかです。

この結果は・・・誰もが驚いたであろうサードライナー併殺!!あれだけ流れを手放すような展開になりながら、一瞬でピンチ脱出。最後の最後に『何かが起きる8回』となりました。

巨人はずっとカープを追いかける形が続きましたが、こういう時の投手の遣り繰りというのは実に難しいと感じます。終盤になっても勝ちパターンを安易に起用できないのですから。まして先発が早々に降板しており、カープにとっては追加点をどれだけ早めに奪えるかが攻撃のポイントでしたが、結局終わりまでゼロ。これもまた試合を難しくした一因となりました。

 

そしていよいよ9回ウラ。

1アウト目はまたもサードライナー。

直後にほぼホームランの当たりがまた幸運にもファウル、空振り三振で2アウト。3アウト目、ラスト1球は最高のチェンジアップで空振り三振!!

我慢と幸運の勝利を手にしました!

 

序盤からのお気楽ムードが終盤に一変してしまいましたが、勝ちは勝ち。特に連勝が止まった後の試合でしたから、本当に良かった。

それでもまだ首位の背中は遠い。明日の試合も勝って、大きなプレッシャーを巨人に与えたいですね。

(ランキングクリック応援よろしくお願いします!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ