baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広0-1De こいつぁ無理だァ!今永ナイスピッチ!!


今永投手の気合満点のピッチングにやーられたァ!!

 

 

0-1で負けちゃあもう何も言えませんね。このスコアってリードしているほうの投手にかかるプレッシャーは物凄いものがあるので、それを140球も投げて完封を成し遂げるんですから大したものです。エースとはかくあるべし、というナイスピッチングでした。

 

カープ先発の九里投手は今永投手に負けず劣らず、今日も安定したピッチング。むしろ内容だけ見れば今永投手を上回っていたかもしれません。今シーズンはチーム全体に弱気な雰囲気が漂うときこそ、いつも心強いピッチングを見せてきた九里投手。カープ投手陣の中では、中村恭平投手と並んで最も成長したと言えるでしょう。

 

そんな九里投手を一撃のうちに沈めたのが難敵・ロペス選手。ハマスタ、九里投手、ロペス選手というのはカープファンからすると実に嫌な予感しかしませんが、たった一振りでまたも煮え湯を飲まされる結果となりました。

 

 

 

このロペス選手の一振りで、今のカープを叩きのめすのには充分でした。打線はこんなものでしょう。バティスタ選手が不在で、松山選手は頼りなく、菊池選手は毎度のとおりムラが大きい。メヒア選手は気合だけは充分ですが決まった攻略パターンで簡単に捻られ、一軍投手のレベルの違いについていけていません。

控え組には攻撃力アップを期待できる選手が坂倉選手以外にはいないことも、打線の頼りなさに拍車をかけています。以前から心配していた編成の偏りがここに来て影を落としていますが、結果が出なくなり始めると迷走している感がとても強くなりますね。


幸か不幸か、この3連戦で4位・阪神とのゲーム差は1拡がりました。投打ともに不安の大きなチーム状態ですが、さてどうやって乗り切るのか、現実的なビジョンが必要でしょうね。

(下のランキングバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ