baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

8/29 広5-6神 惜敗の裏で。


今日の試合、いつものようにテレビで観戦していたのですが、ちょうどカープが1点差まで追い上げて藤浪投手をマウンドから降ろすあたりで観戦をしばらく中断せざるを得ない事態となりました。

 

家族みんなが一緒に寝る2階の部屋に、ある生き物が侵入していたのです。

妻がそれに気付き、『なにか鳥みたいなのが入ってる!』と私に伝えてきたのですが。

 

鳥?

 

もう夜なのに?

 

それは、もしや・・・。

 

 

良くない予感は的中しました。ドアのガラスのライン越しにも明らかに分かる、バタついた大きな翼の動き。

やはり、コウモリです。

 

コウモリは太陽が沈みきったあたりの時間から、街中だろうが山間部だろうが屋外ではよく飛んでいます。

釣りに出かけると、暗くなると身の周りをバタバタと飛びまわる姿をよく見かけます。結構低いところを飛ぶので、ときどき釣り竿にぶつかったりします。

しかしなんと、家の中に入ってくるとは・・・。

 

 

 

部屋の中で飛び回っていますが、特に窓を開けっ放しにしているような様子はありません。

それにしても、身の毛のよだつような気味の悪い姿です。コウモリに罪は無いんですが。

 

しばらく鳥肌を立てながら様子を眺めていましたが、当然このままではどうしようもありません。意を決して部屋の中に入り、掃き出し窓を開け放して出るのを待ちます。

 

・・・が、なかなか出てくれない。

コウモリは超音波を発して周囲の状況を把握すると昔図鑑で読んだ記憶があるので、『ここから外に出られそうだ』ということは容易に分かるはずだと踏んでいたのですが・・・。

しまいには壁に取り付いて休息する始末。すまないが私は君と一緒に寝るつもりは無いのだよ。愛する家族とともに寝ると決めているのだ。

 

これは箱かなにかを使って捕まえるしかないのかと思案しつつ調べていると、なんとコウモリを捕獲することは違法行為なんですって!?

 

 

もちろんハエたたきなんかで叩きのめすのもNG。鳥獣保護法によって保護対象となっている生き物だそうですよ!?なんてこったい。

※後でもう少し調べてみると、逃がすための一時的な捕獲は問題ないようです。

 

付近の壁をバンバンしたりしてまた飛ぶのを促しつつ、絶対に触れないよう細心の注意を払います。コウモリで一番怖いのは、得体の知れない病原菌やウイルスを媒介しての感染症などに罹ること。なんと言っても御存知の通り、新型コロナウイルスの発祥元であります。つくづく厄介な生き物です。繰り返しますが、コウモリに罪は無いんですよ。

 

また飛び始めたので、部屋を出てガラス越しにしばらく眺めていましたが、数分ののちようやく出ていってくれました。

ホッとしましたが、部屋中を飛び回ったので衛生状態が非常に気になるところ。

念の為、部屋に掃除機をかけ、アルコールスプレーをひたすら噴霧。これで大丈夫かは分かりませんが、無事に過ごせることを祈るほかありません。

 

どうやら侵入経路は、窓のサッシと網戸の重なる部分の隙間らしいと思われました。

その隙間わずか1cmほど。なるほど止まっているコウモリはかなり平たく、相当狭い隙間でも入り込んできそうなのがよく分かります。

 

コウモリは、そのおぞましい姿だけでなく色々な病原となるリスクのある生き物です。

皆様も、くれぐれもご注意を。

 

カープは負けました。

 

カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ