baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

7/31 広1-2巨 勝てそうだった?んなわけあるか!


スコアは1-2、なんだか熱い投手戦を思わせますが、実体は互いに残塁の多い締まりのないゲームでした。

 

先発の森下投手は、素晴らしい真っ直ぐと平凡な変化球のコンビネーションで全体としてはパッとしない投球。

高めの真っ直ぐでバンバン空振りを取りながら、平凡と言ってしまうことすら若干怪しい変化球でカウントを苦しくして四球を連発。

あれだけ真っ直ぐで圧倒出来るのに、なんじゃそりゃ?という感じでした。若いんだから勢いをもっと押し出してもよさそうなものですが。

かつて福井投手がデビューした頃、同じような様子でしたね。なんだかやたらと色んな変化球を織り交ぜるものの、全部イマイチで一番いい真っ直ぐにはあまり頼らないという。

 

打線は今年よくあるパターンで1得点に終わりました。

打者それぞれの状態は悪くはないと思いますが、ちょっと疑問なのは菊池選手の2番固定。

各球団が2番に強打者を置くのがトレンド化しているなか、佐々岡監督のスタイルでは昭和〜平成期の2番から抜け出せないでいるような・・・。

個人的にはMLBのような2番最強打者論までは採用しなくていいと思いますが、2番打者軽視は絶対に有り得ないと思います。打線の中で2番目に多く打席が回ってくる選手が、低調な状態が長く続く選手であっていいはずがありません。

チーム打率は高いカープですが、それだけに単純に合理性を優先した打線を組んだ場合と比して開幕からどれだけの得点をロスしているのでしょうか。

 

弱い(おまけに金が無い)チームは思い切って合理性を優先すべきです。マネーボールだって、ビッグデータベースボールだってそうしてきたという歴史があります。まあ、どちらもチャンピオンにはなってないんですけど。(笑)

 

www.baseballlll.jp

 

点差は僅かに1、惜敗と思いたいこの試合。

しかし巨人は攻守ともにまだまだ余力を残していたように私には思えました。カープが先制した後にすぐ逆転したように、終盤に逆転したとしてもまたすぐにひっくり返されたでしょう。じっくり腰を据えて攻撃されると、今のブルペンの実力では抑える術が無いに等しい。

ではどうするか?奇策やら采配やら論じる前に、まずは今一度冷静になってみることでしょうね。

 

 

カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ