baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルトルアー)がメインです。

ジョーイ・ボット、途轍もない?記録。

打者が凡退するとき、その結末としての記録は色々ありますが、それでも種類は限られています。ショートゴロ、サードライナー、センターフライ・・・。

1シーズンを過ごしたある選手が500打数150安打の3割打者だったとして、残りの350打数は凡退しています。350もの凡退があれば、その中でアウトのパターンは一通り網羅していそうなものです。9つのポジション×ゴロ、フライ、ライナーの3パターンと計算するとたったの27通り、プラス三振や守備妨害(これはレアですが)などしかありません。

まして、それを13シーズン、3,500回ほどの凡退を経験した選手となると尚更のこと、経験していないアウトのパターンなどある筈が無い、と思いますよね。

f:id:baseballlll:20190419004348j:image
シンシナティ・レッズに所属するジョーイ・ボット選手。レッズ一筋13年、カナダ出身で右投げ左打ちの一塁手である彼は、35歳で迎えた今シーズン、4月18日のドジャース戦でキャリア6,828打席目にして初のファーストフライ(ファウルフライ)を打ち凡退しました。

なんとも奇妙な記録ですが、途轍もない記録でもあります。

 

ファーストフライは別に珍しいアウトでも何でもなく、例えば昨日の巨人ー広島戦では坂本選手と炭谷選手が1つずつ記録しています。1試合で1つ2つ程度は普通に見られる身近な凡退パターンと言えるでしょう。それをなんと13年、6,828打席を迎えるまで打ったことが無いというのですから、これは大変な記録ですね。もともとボット選手は、内野フライを滅多に打たないことで知られています。平均するとだいたい1シーズンに2〜3本くらいでしょうか。1週間でそのくらい打つ選手も普通に何人でもいそうな気がします。

 

 

ナ・リーグMVPの獲得経験もあり、オールスターの常連であるジョーイ・ボット選手。キャリア通算打率は.310、出塁率は.426、OPS.954で270本のホームランを打っているMLB屈指の好打者です。現在は35歳、ベテランの域に達していますが、今シーズンここまではやや不調。昨シーズンも出だしは低調でしたが、シーズン終わってみればホームラン数は落ち込んだものの流石の高出塁率を残しましたので、今年も心配ないでしょう。

 

何と言っても素晴らしい選球眼が特徴で、昨年までのメジャーでのキャリア12シーズンで9度の出塁率4割超えを記録。バットを短く持ち、広角に打球を飛ばすラインドライブヒッターですが、シーズン20〜30本のホームランも打てる長打力も持ち合わせています。常に冷静沈着な打席でのアプローチを見せ、『ビッグデータ・ベースボール』でも攻略困難な天敵として書かれています。


あまりに選球眼が良いので、3ボールなのに四球を宣告され、本人含め誰も間違いに気付かずにプレーがそのまま続いたこともあります。また、イチロー選手のマーリンズ時代、試合前に突如クラブハウスに51枚ものピザを送りつけたのは彼でした。

そして少し前には死球を与えてしまったチェン投手に対してこんなお茶目な対応も。

 


レッズには日本人選手が在籍したことがなく、日本では馴染みの薄いボット選手。しかし打撃は達人の域、歳を重ねて更なる進化を見せるのか、注目ですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ