baseballlll’s blog

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広4-5x西 勝てた試合かな・・・。

らしくない試合でしたねー。


カープ先発の野村投手は、今日は制球に苦しみました。と言うより、神経質になりすぎてカウントを悪くしたり、不要な四球を与えてしまい、自らピッチングを苦しくしてしまったように見えました。

f:id:baseballlll:20190604232855j:image

尻上がりに良くはなっていったものの、打たれたヒットやタイムリーはそれほどいい当たりとは言えないものが多かっただけにもっとゾーンの中で勝負して良かったのではないかな〜と思いましたが、磯村選手も野村投手と同じく神経質になっていたのでしょうか。まあ、それだけ西武打線が強力というのも当然ありますけどね。


2回ウラの4失点ですが、先制された場面はタイムリーエラー。エラーが失点に繋がるのは、今シーズン序盤を象徴する出来事でした。これが交流戦のはじめに出てしまうというのが不吉な感じがします・・・。

 

 

西武先発の今井投手の投球は酷いもので、明らかなボール球でカウントを不利にした後に、ど真ん中に棒球を投げてくるというパターンでした。しかしこれをカープ打線がことごとくミスショット、あるいはいい当たりが野手の守備範囲内という結果に。

特に初回の攻撃では先頭の野間選手がヒットで出塁するも、菊池選手・バティスタ選手・鈴木誠也選手が甘い球を連続ポップフライ。3回の攻撃では田中選手と野間選手が会心の当たりを放つもヒットにはならず。もどかしいなあ・・・と思っていたら、4回表、先頭バティスタ選手の笑っちゃうほど飛んだ特大ソロを皮切りにあれよあれよと4得点。試合を振り出しに戻しました。


今井投手の出来と、西武のリリーフ陣のことを考えるとここから3点くらいは取るだろうな、リリーフ勝負ならカープ有利だな、と思っていましたが・・・。西武はリリーフ陣が完璧に仕事をこなし、試合は膠着状態のまま最終回へ。

ここでフランスア投手が先頭のメヒア選手に二塁打を浴び、続く金子選手のバントでバティスタ選手が野選。敬遠でノーアウト満塁・・・また守りのミスからか、とガッカリしていたところに田中選手がスーパープレイでチームを救います!

f:id:baseballlll:20190604232908j:image

頼りになるぜ!

試合は延長戦へ。


10回は懸案の中崎投手。何とか無失点でしたが今日も不安定でした。

11回、好調の中村恭平投手は今日もほぼ直球ゴリ押しスタイルで、当たっている秋山選手から空振り三振を奪うなど完璧な投球。素晴らしい内容でした!

最後のチャンスを活かせずに勝利が消えた12回ウラは菊池保則投手。前回の登板ではキレのない球が目立ち、苦しい投球でしたが今日もそれは変わらず。最後の最後に力尽き、久し振りに連敗です。

 

 

今日の敗因は、個人的には今井投手からもっと得点出来なかったことだと思います。

特に1、2番が合計12打席で出塁がたったの1度。これでは得点を挙げるチャンスも少なくなります。野間選手については、やはり選球眼が・・・西川選手と並びスタメンで最低です。それでも西川選手の場合は、打球をヒットゾーンに飛ばせるコンタクトスキルがあるのと5番で重要度がやや低い打順ということもあり、酷い選球眼や悪球打ちもある意味特徴と言えるのですが、1番を打つ野間選手はもっと出塁することを意識して欲しいところですね。2番がフリースインガーで低出塁率が特徴の菊池選手で固定されているので、尚更そこが求められるのがカープの1番打者なのです。

打線は好調ながら、最近は特に下位打線の頑張りが目立ちます。本来なら上位打線でもっと得点しなければいけません。鈴木誠也選手がちょっと低調なのが気になります。そしてDHも悩みどころですが、思い切って坂倉選手を育成する目的も兼ねて抜擢しても良いかもしれませんね。

 


今日の負けで5/1以来、およそ1ヶ月ぶりの連敗となりました。前回は連敗明けから猛ブーストを見せたわけですが、今回これをきっかけに大失速、という可能性だって充分にあります。近年はそこそこ勝てるようになったものの、もともと交流戦は大の苦手でしたからね。

アドゥワ投手、中崎投手の配置換え、DHなどこれまでとは微妙に様相が変わったことで歯車が狂うことも懸念されます。ここは気を抜かず一戦一戦、ちょうど1ヶ月前のような地道な戦いで勝っていきたいですね。とにかく連敗は絶対に避けたい!頼むぞ大地〜!!!


今日勝てたな〜・・・。

 

(バナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ