baseballlll’s blog

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

広4-2巨 チャンスはたった2度。

解説の谷繁さん『カープが8回ウラに点を取って勝ちそうな気がするんですよね〜・・・流れ的に。』

その通りになりました。

f:id:baseballlll:20190720215907j:image

(フェリシアーノさんの通訳には谷繁さんも大ウケ。)


緊張感漂う序盤。

昨日は序盤と終盤で全く流れが反対になった試合でしたが、今日はお互いに主導権を譲らない展開。カープ先発の床田投手亀井選手のソロと岡本選手のタイムリーで2点を失いましたが、度重なるピンチを菊池選手のウルトラ美技などもあって切り抜け、粘りながら試合を作りました。

対して巨人先発・今村投手は緩急織り交ぜた投球で5回までカープ打線をヒット2本とほぼ完璧に抑えます。素晴らしいピッチングで、文字通りノーチャンスでした。


影の立役者を忘れるな!

床田投手は5回2失点で降板。6回オモテは昨日に続き登板の菊池保則投手。ナイスピッチングで三者凡退、なんとな〜くマツダスタジアムに昨日と似た雰囲気が漂い始めてきます。

そして6回ウラ!2アウトランナー無しから菊池選手が厄介だったスローカーブを叩いてヒットにすると、バティスタ選手のドカン!!!

バティスタ選手特有の、打った瞬間に分かるビッグフライ!確信バット投げもめちゃくちゃカッコよく決まりました!痺れるぜぇ〜!!

今村投手に対しては、ほぼこの一球だけがチャンスだった、と言えるほど攻略が難しい素晴らしい出来でした。そして、そのチャンスをモノにして試合を振り出しに戻しました。

 

ここから大事な大事な直後の回、菊池保則投手が続投します。ここで先頭の丸選手に四球を与えますが、後続をきっちりと打ち取ってこの回も無失点!

ここの6回、7回の守りは実に大きかったですね。流れを引き寄せ、こちらに向いた流れを離さない。7回ウラの攻撃前には菊池保則投手の投球ダイジェストがカッコいい編集で流されましたが、本当に今日の影のMVPですよ。

 

アンストッパブル・バティ。

冒頭の谷繁さんの発言は、8回オモテの巨人の攻撃中のことでした。そう言われるとワクワクせざるを得ない私たち視聴者。そしてそれは、田中選手がしぶとく選んだ四球から始まります。

犠打とサードゴロで2アウト2塁。昨日から2アウトでのチャンスでやたら得点していますが、ここ最近の長らく続いた不調時は2アウトでのチャンスでほぼ100%得点出来ていませんでした。今はいわゆる揺り戻しってやつですかね?

で、ここで再びバティスタ選手。もう期待しかしていません。デラロサ投手の外への豪速球を振り抜くと、久し振りの右への大飛球。こりゃ切れるかな・・・と思ったらポールの外側を掠める勝ち越し弾!

この試合、カープのチャンスはこの2回だけ。バティスタ選手のこのふた振りで、試合の決着がつきました。

 

今日、7月20日はカープファンにとって忘れ得ない、津田恒実さんの命日です。こんな日に、ポールの外側を掠める決勝ホームランが出るなんて、運命めいたものを感じずにはいられませんね。

 

 

昨日に続き嬉しい、本当に嬉しい勝利でした。

みんな、よく頑張った!!

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ