baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

7/24 広6-9xDe 試行錯誤は続く。


打線は6得点したから責められないような、16安打ならもっと点を取れたような。

 

とは言っても、やっぱり今日はクローザーで負けた、これに尽きますね。

 

その前を任せるのはケムナ投手、不安定ながらフランスア投手、そして好調塹江投手と道筋がなんとなく見えてきました。菊池保則投手DJジョンソン投手ももう少し仕上がりが良くなってくれば、当初の壊滅的な状態からは幾分か改善されたと見ていいでしょう。

ただ、肝心の9回を任せる投手が固定できません。

昨日の一岡投手のピッチングを見れば、これでしばらく何とかなりそうだと思ったファンは私を含めて多かったと思いますが、昨日の今日で派手にやってしまいました。

 

先頭の柴田選手に対して追い込みながら死球という、凡ミスが引き金となって最後はカープにとっては連夜となる満塁弾。多分、満塁になった時点でホームラン打たれるな、って勘付いてたファンは多いのでは。(笑)

 

結果よりも気になるのは、ちょっとした切っ掛けが生まれるとすぐにバッテリーが浮き足立ってしまうこと。今日はさらにここで積極的に仕掛けるDeNA打線の姿勢に、投手と捕手揃ってパニックに陥っていたように見えました。まあDeNA戦にありがちな展開ですよね。何度見たことか。

アウトを取らなければ試合は終わらないし、勝負しないとアウトは取れないのに、全く落ち着きなく制球はバラバラ、配球も弱気。たった1人ランナーを出しただけで、もう負けが決まったような雰囲気になっていました。

 

 

 

こういうトラウマ的な負け方をすると、そのあとしばらく苦手意識を払拭出来なくなるのは2017年の例の流れで経験済みですね。去年の終盤の阪神戦とかもそうでした。

正直これで今シーズンはDeNAとは極めて戦いづらくなったでしょうね。1つの凡ミスが引き金となって、1年間影響するかもしれない。そう考えると恐ろしいし、パフォーマンスが勝敗に直結するクローザーの難しさが分かります。

 

それにしても、一体いつまでロペス選手に打たれ続けるんでしょうね。年齢も年齢なのでいい加減普通程度には抑えてもらわないと・・・リーグで一番と言っていいほどどんなボールも関係なく振り回すんですから、攻略法が絶対あるはずなんですが。

 

それから、チーム内に競走は生まれているのか?もちょっと気にかかります。ここ一番で攻守ともにパフォーマンスがガタ落ちするのは、そんなところにも原因があるのでは・・・なんて、結果が出ないと余計なことばかり勘繰ってしまうのは良くないですね。

 

一番の問題は単純に戦力不足ですからねえ。

 

カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ