baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

4/3 広0-1中 打線のクセが出た。


遠藤投手はじめ守りではいい形を作りましたが。

これは手痛い3連敗。

このカード、ほんの少しの結果の差で逆に3連勝も有り得たわけで、そこに野球の妙味が詰まっているなあ〜と改めて認識させられます。

 

今日の敗因は最終回までまともなチャンスすら作れなかった打線にあることは明らかなわけですが、それと同時に今のカープ打線のクセというか特徴というか、そういう面が露わになった試合でもありました。

 

開幕以来固定されている1〜3番の3選手は、早いカウントから振っていく、スイングするゾーンが広いというスタイルで打率に比して出塁率が高くない傾向にあります。

今日のスタメンでは末包選手もその傾向が見られます。反対によくボールを見極めるのはマクブルーム選手くらいでしょう。

そうなると打線全体に勢いがあるときは打ちまくり、逆に今日のように相手のペースになったときには出塁すらままならずに凡打の山を築いていくことになります。

結果、すごい速度で試合が進んでいきましたね。(笑)

加えて一発のある打者も少なく、劣勢の空気を変える一振りというのもなかなか期待できません。

 

と、そう言ってみてもこれが現状のベスト。

つまるところがカープはまだまだ発展途上のチームなのです。それがよく分かった名古屋3連戦でした。

これからも選手間の競争があるのは当然のこと、その結果シーズン終盤にはどんな顔ぶれになっているのか、上位争いは出来ているのか・・・不安よりも期待の方がずっと大きいですよ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ