baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

5/19 広1-2巨 頼りない打線は作戦立案のせい。


また3タテ。

東京ドームでの戦い方、勝ち方がどういうものであるかというのは散々ここでの試合を見ているプロ野球ファンにはわかりきっていることでしょう。

それで勝てるかどうかは別ですけれど。

 

東京ドームで2試合、ホームラン0の2点、2点。こんなので勝てというのは土台無理な話です。

長打力の乏しさを繋がりで補うには、ちょっと今の打線の調子では厳しいですね。ソロホームラン1本にはシングルヒット3〜4本を要するので、打線全体の調子がある程度いい状態でなければ得点を見込めません。まして、今のカープはシーズン打率3割を期待できる打者が・・・坂倉選手くらいです。

 

出塁もあまりなかったので、バント以外の仕掛けも見られなくなっています。マクブルーム選手が大奮闘していますが、今日は1、2番が出塁なし。

繋がりが重要なカープですから、1番の問題が解決しないうちは非常に苦しい状態が続くと思います。昨日も書きましたが、ここで上り調子の小園選手を早めに(毎日でなくとも)1番に据えておけば状況も変わったんじゃないかと改めて思うんですよねえ。

それをしないうちに小園選手マクブルーム選手の調子が落ち着いてきて、"旬を逃した"ことになりそうな気がしています。

 

それに中村健人選手末包選手をベンチに置いてまで、野間選手大盛選手を起用する理由もあまり見出せません。今日は矢野選手もスタメンに名を連ねたことで、東京ドームで戦うには得点の方策が思い浮かばない、あまりに非力で迫力のないオーダーになってしまいました。

 

カープは攻撃面において戦力的に充実しているとは言えないので、そのときそのときでベストの選手起用をすることが鍵になります。

結果だけを見れば、この3連戦いずれも失敗に終わったということ。特に打順に関しては一体何にこだわっているのかわかりませんがもっと日替わりくらいの感じで臨むべきじゃないかと、私は思いますけどね。

今のところ打順を固定でよさそうなのは菊池選手マクブルーム選手くらいでしょう。今の調子なら坂倉選手小園選手は後ろすぎる。打っている選手を前に持ってこないのは何だか古臭い精神論の野球を見ているようで感心しません。

即効性のある戦力補強はなかなか出来ない球団なのですから、アイデアや柔軟性はもっともっと持ち合わせて欲しいですね。

 

オフに何人か、タンパベイで研修させてもらってみては?

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ