baseballlll’s blog〜カープとMLBと釣りと。

野球(主にMLB、広島東洋カープ)、釣り(バス、ソルト全般)がメインです。

広2-0楽 九里亜蓮記念日じゃあ〜!!

やったぜーーー!!!

 

f:id:baseballlll:20190625220807p:image

(ホッとした面持ち。おめでとう!)


先発の九里亜蓮投手は見事も見事、ほぼパーフェクトな投球で試合を支配。今日も多彩な球種で的を絞らせませんでしたが、特に真っ直ぐとチェンジアップのシンプルながら緩急の効いたコンビネーションが素晴らしく、鋭いスイングを見せる楽天打線のタイミングをことごとく狂わせます。上手くコースも散らす事ができ、詰まらせたり、先に当てさせたり、とにかくハードヒットが異様に少なく見ていて驚くほどの内容でした。

昨年のヤフオクドームでのホークス戦でも強力なホークス打線を相手に驚くべき支配的な投球を見せましたが、その時は最終回に4点くらい取られちゃったんですよね。今日は8回と9回に先頭打者にヒットを打たれてどうなるかと思いましたが、ランナーが出ても投球のバランスは全く崩れず。終わってみれば107球、被安打3のプロ初完封勝利!!無四球のオマケ付き!

九里投手はバックエンドのスターターから、ローテの谷間でのスポット先発、あるいはロングリリーフをこなしたり、いわばスイングマンのような役割をこなすチームにとって大変有り難い存在ですが、今日は完全なる主役でした。

九里投手、入団当初から強気の姿勢は相変わらずですが、きっと普段の努力も相当なもの。ルーキー時代に140キロ弱だった真っ直ぐの球速が、今では140キロ台中盤を当たり前のように記録することが多くなりました。今日も素晴らしかったチェンジアップのクオリティも年々良くなってきている感じで、着実な成長が見られます。

また最大の魅力はその頑丈さで、とにかく故障はしないし、いきなり出番が来てもそれなりの投球をしてくれるという、ローテにいて欲しいけどブルペンにいるとこの上なく心強い存在ですよね。カープファンは九里投手のことを好きな人、たくさんいるんじゃないかなあ。私、ずっと好きですもん。(笑)

 


そういえば昨シーズンのCSファイナルで巨人をスイープした3戦目でも、先発した九里投手の見事な投球が光りましたね!

www.baseballlll.jp

 


かたや打線は初回の菊池選手のソロ、5回のノーアウト満塁から西川選手のショートゴロで挙げた2点のみ。相手投手陣も良かったとはいえ、5回のチャンスではもう少し得点して欲しかった・・・。

これは個々の選手の調子とか実力のことを言うよりも、やはり打線の組み方でしょう。低調なら低調なりに、最善の方法はある。カープ打線は左右ジグザグにこだわるあまりか??低調な選手と好調な選手、打力の無い選手と打力のある選手をほぼ交互に並べるという最早進んでハンデでも背負うつもりかという合理性の全く無い打線を組んでいます。

結果、当たり前ですが繋がりなど全く期待できません。運良く連打が出てチャンスが出来ても、そこから更に繋がってタイムリーが出るなど文字通り奇跡を願うようなものになってしまうわけです。

そうすると機動力のカープとかいう、嘘も大概にしろというレベルの成功率の低い半ば玉砕覚悟の盗塁という無茶な作戦に出てランナーを潰し、ただでさえ少ないチャンスを更に少なくする悪循環で得点力の低下を自ら招いていく・・・そんな光景を何度も目の当たりにしました。

ここは1番に會澤選手を置くくらいの思い切った打線改造に出て、上位に打てる選手・下位に打てない選手を配置するくらい合理的なことをやってしまった方がスッキリする・・・のは私だけか。(笑)まあ、そんな思い切ったことは良くも悪くも出来ないのが緒方監督ですから、このまま微妙な配置替えでお茶を濁しつつ、ただ打線の復調を待つという事になるでしょうね。今までもそうだったし。

 


と、攻撃面に注文つけてる場合じゃねぇ!!今日は九里亜蓮記念日じゃあ〜〜〜!!!

 

(下のバナーをクリックしていただけると励みになります!)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ