baseballlll’s blog~カープとMLB。

広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。

4/17 広0-5中 ウィークポイントは変わらず。


昨日やっと無得点地獄から脱け出したと安堵していたら、今日はまた無得点。

 

昨日結果を残した中村奨成選手の起用が無かったのは残念ですが、同じく結果を残した羽月選手が代わって活躍してくれました。こういうのはお互い刺激になるでしょうから、チームにも波及していい作用をもたらしてくれことでしょう。

 

それにしても昨シーズンから、若手の野手は二軍でよく鍛えられているなあと感心します。

今日の羽月選手を見ていても、昨年よりもスイングが随分と速く、力強くなっていました。

スイングが速くなるということは、ボールを見る時間が長くなり、選球眼にもいい影響があるのではないかと思います。羽月選手はよくボールを選んでいますし。

(ただし選球眼はセンスの問題で、向上することはないという説もあります)

 

そんなポジティブな事もありながら、結果としては今日も無得点だったのですが、チャンスを作っても決め手に欠けました。

特に鈴木誠也選手は決めるべき場面で決められなかった・・・四番の仕事というヤツですが、まあ心配はしていません。

球界ナンバーワンスラッガーに求めるのは結果のみ。今シーズンも終わってみれば圧倒的な数字を叩き出してくれるのは間違いありませんから。

 

先発の九里投手はとても良い投球を見せましたし、やはり敗因は打線と言わざるを得ないのですが、ではどうするかと問われても難しい問題です。

田中選手が低調のままですが、そうは言っても8番打者。しかし大抵の日で6、7番も合わせて打てていないので、ここがもう少しなんとかなれば・・・というところでしょうか。下位打線に期待するのもアレですが。

 

しかし今日のメヒア選手への代打のタイミング、その後に田中選手はそのまま打席に送ったあたりを見ていると、FAでの再契約時に打席数やスタメン試合数の確約が契約内容に盛り込まれているのでしょうか?

昨シーズンは松山選手が"打てない・守れない・走れない"という状況がシーズン通して続いたにも関わらず起用され続けましたが、あれもそういう事なのでしょうか。

資金力が無いとされているカープがFAを取得した選手を引き留めるには、そういう手法を使わざるを得ないのかもしれません。

 

ま、この辺り全て勝手な憶測なので、本当のところは全く判りませんが。

 

さあ、明日の先発はTJ手術から復帰を果たした高橋昂也投手

同じTJ経験者の床田投手に続く成功例となれるか。

 

(ちょうど2年前の記事ですがTJ手術について書いています)

www.baseballlll.jp

 

このノウハウを蓄積して活かせれば、カープのチーム造りにおいて強力な武器となることは間違い無いと思います。

期待が膨らみますね!

 

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ